【店名・店コンセプト変更のお知らせ】

【ヒガシノリュウイチロウLIVE情報】

〇ジョアン・ジルベルト愛用でおなじみのブラジル製ギターTarregaを販売しています!

2008年08月28日

もし僕らのことばがウィスキーであったなら

51J70A76H0L._SS500_.jpg
記事タイトルの村上春樹の紀行文を読みました。
考えてみたら村上春樹の文章を読むのは超久しぶりだなぁ。
デビュー作から『ノルウェーの森』くらいまではかなり傾倒してたけどそれ以降は文章の上手さは圧倒的と思わせるものの、いまいちのめり込めず疎遠になっていたのでした。

この作品は村上春樹がスコットランド(アイラ島)とアイルランドにウィスキーを飲みに行った時の紀行文で、スコッチを勉強中の身としては絶対読まねばと思っていつつ、なかなか読めなかったもの。本日やっと入手できたので、一気に読んだのです。

スコッチといっても地域によっていろいろ個性がありますが、村上春樹は最も個性が強いアイラモルトのみを取り上げていました。
僕自身も、他と全く違うアイラモルトが好きなので、ここに書かれている記事はとても興味深く面白かったです。

ボウモアは昔ながらの作り方をしているのに対し、ラフロイグはコンピューター管理をしているというのも始めて知った事実。こんなのは行った人にしかわからないですね。
現地の牡蛎にアイラモルトをかけて食べるところなどとても美味しそうで、自分でもやってみたいと思いました。

バルキーニョにもアイラモルトを揃えてますが、8つある(あった)蒸留所のうちあと2つ(ブルイックラディ、ポートエレン)は現在無いので、近いうちに揃えたいなぁと思っています。
ラフロイグ、ボウモア、アードベッグ、ブナハーブン、カリラ、ラガヴーリンは飲めますので、ぜひボサノヴァと共に味わってください。
おすすめはカウンター3番、4番席。ボーズスピーカーからバランスよく降り注ぐボサノヴァを浴びながらどうぞ!

ps.蛇足ですが、この本のタイトルはアントニオ・カルロス・ジョビン&ヴィニシウス・ヂ・モライスの名曲『Se todos fossem iguais a voce』(もし皆があなたと同じだったら)に似ていますね。
posted by higashino at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2008年08月23日

渋谷B+2 更新されました!

今回の更新はBar Blen blen blenのGOさん!
僕も大好きなアナログシンセについての記事は必見ですよ!

http://b3shibuya.sblo.jp/
posted by higashino at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 渋谷B+2

2008年08月18日

昨日〜今日

昨日は閉店後、イベントSamba-Novaへ。今回は話題のブラジル映画『シティ・オブ・メン』とのコラボレーション企画とのことで、ものすごいDJ陣。店を終わらせてからの到着なので、遅遅の現地入りでしたがすでに超盛り上がり状態で、先月のWOMBに引き続きまた踊り狂ってしまいました。

さて、本日はお休みでしたのでバルキーニョのフードメニューを充実させるべく、パステル、ポン・ヂ・ケージョを試作。パステルの皮をいろいろ試したりして、食べまくったので現在満腹状態です。苦し〜。近日中にメニューに追加したいと思います!
あと、キビも作りたかったのですが、ネット通販及びリアルショップでもキビの粉が見つからず断念。こちらも入手できたらお店で出したいと考えてます。
posted by higashino at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2008年08月12日

渋谷B+2

渋谷にあるブラジル系バー3店合同でブログを始めました!
ブログの名前は“渋谷B+2”(シブヤベーマイスドイス)
名付け親は中原仁さんです。

ブログトップバッターはbar bossaの林さん。
そして10日おきに、Bar Blen blen blenのGoさん、そしてバルキーニョの僕と続いていく予定です。
現在、けっこう興味深いプロフィールなどもアップされていますので、ぜひ、ご覧ください!

http://b3shibuya.sblo.jp/
posted by higashino at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 渋谷B+2

2008年08月10日

六本木ヒカルド

先日来店してくれた、六本木ヒカルドのマスター、ヒカルド・オカダさんが「今日、ブラジルから来た面白いバンドが演奏するから見に来ないか」と声をかけてくださったので、閉店後お客さんで来てくれていたSさんを誘い、タクシーで六本木へ。
週末の六本木ってあんまり体験したことなかったのですが「ここは日本?」っていうくらい人種の坩堝でカオス状態。警察がたくさん出動して、騒然としたなか、お店を発見して中へ入ると、ヒカルドさんの奥さんのフミヨさんが「ライヴ終わっちゃったとこなの」ということ。それでもせっかく来たのだしとビールを飲んでいたら、特別に僕達のために演奏を始めてくれました。これが、超絶バンドリン奏者を擁するモダン・ショーログループでとってもスリリング!ビートルズの「デイ・トリッパー」を斬新な解釈でショーロ化してたりして、とてもオリジナリティに溢れる良いバンドでした。
バンド名はdiago guanabara e macaxheira jazz。要チェックですね。


http://e-food.jp/cgi-bin/restfind/view1.cgi?no=1137392344
↑ヒカルドさんのお店
posted by higashino at 12:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ

2008年08月08日

メネスカルさんのライヴで!

昨日、渋谷JZBrat で行われたモンセラ&ホベルト・メネスカルのライヴに行ってきました。モンセラはボレロ歌手ということで、メネスカルさんと合うのかな?と少々心配でしたが、バリバリのボレロではなく、ボサノヴァ・テイストのラテン名曲が気持ち良かったです。

DSC08804.jpg

そして!演奏終了後、当店の店名の由来にもなった名曲「o barquinho」の作者であり、ボサノヴァのオリジネーター、ホベルト・メネスカルさんとご対面!
barquinhoというbarを開いたことを伝え、おみやげの日本手ぬぐいを渡し、ちゃっかりお店用のサインをいただき、写真も撮ってもらいました!サインは本日からお店に展示しますね。
posted by higashino at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2008年08月06日

ライヴ招待!ホベルト・メネスカル氏から!

名曲「o barquinho」の作曲者であり、ボサノヴァのオリジネーター、ホベルト・メネスカル氏が来日中ですが、メネスカル氏本人からbarquinhoにライヴの招待がありました!今南米・ヨーロッパで 注目のミューズ「モンセラ」とのジョイントライブです。

渋谷JZBrat

8月7・8日

19:00start & 21:30start

http://www.jzbrat.com
http://fcmenescal.vox.com

上記公演のお好きな回に、ペアで2組様をご招待いたします。

ご希望の方は、ご希望の日、回数を下記アドレスまで直メール下さい。

info@barquinho.biz

※お名前(フルネーム)、お電話番号をご記入ください。
※先着2名の方のみにご連絡(返信)させていただきます。ご了承くださいませ。
posted by higashino at 11:10| Comment(1) | TrackBack(0) | ブログ