【店名・店コンセプト変更のお知らせ】

【ヒガシノリュウイチロウLIVE情報】

〇ジョアン・ジルベルト愛用でおなじみのブラジル製ギターTarregaを販売しています!

2009年12月31日

2009年ありがとうございました!

昨日12月30日で2009年のバルキーニョの営業は無事終了いたしました。2009年にご来店いただきましたお客様、そしてライヴ出演していただいた皆様、誠にありがとうございました。2010年は1月5日(火)20時より営業いたしますので、2010年もどうぞバルキーニョをよろしくお願いします。

バルキーニョ 東野
posted by higashino at 16:23| Comment(0) | ブログ

2009年12月28日

29日〜30日通常営業です。

昨日の第2回ボサノヴァ飛び入りライヴデイで本年のイベントはすべて終了いたしました。明日、明後日は通常営業いたします。師走のお忙しいところとは思いますが、大掃除、年賀状書きが終わった後にぜひバルキーニョでおくつろぎください。お待ちしております!
posted by higashino at 18:27| Comment(0) | ブログ

2009年12月05日

明日は通常営業です。

明日は日曜日ですがライヴは無く通常営業となります。
また、次回のライヴは12月9日(水)のオオタマルさん(7弦ギター)のソロライヴとなりますが、予約で席が埋まりつつあります。ご来店ご予定の方はご確認くださいませ。よろしくお願いします。
posted by higashino at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2009年12月01日

La Puerta (ラ・プエルタ)プロフィール

La Puerta ラ・プエルタ

それぞれが違うユニットにて活動中、渋谷にあるBossa nova barに て出会いイベントを通して共にライブをするようになり、9月に結成。今に至る。
ジョアン・ジルベルトを彷彿とさせる岡崎と、独特な感性のギタリスト日 影、海と山に囲まれた場所でマイペースに歌うRicoのトリオで構成されている。

okazaki.JPG

岡崎秀範(g,vo)

埼玉県新座市出身。高校時代の1993年、アメリカ、オルタナティブ・ミュージックの影響を受け、ギターを始める。
大学時代の1998年、ボサノヴァの囁きかけるような歌声とギターの音色に惹かれ、鳩山薫ボサノヴァ・ギタースクールでボサノヴァ・ギターを学ぶ。
2006年より、ボサノヴァのスタンダードナンバーを中心に、演奏活動をしている。


IMG_6807.jpg

ヒカゲコウゾウ(g)

1981年11月12日生まれ。さそり座、一白水星、A型。
大学からクラシックギターをはじめる。
ラルフ・タウナーとバーデン・パウエルに感銘を受け、ソロギターに傾倒。
その後、ブラジル音楽に傾倒。
パンデイロなどのブラジル系打楽器にも興味を持つ。
現在は仕事の傍らマイペースで演奏活動を行う。


rico.JPG

Rico(vo)

福島県いわき市に生まれる。
20歳の時にエリス レジーナを聴き、ブラジル音楽の魅力に引き寄 せられる。
wanda saを心の師とし、聴いているうちに自然と歌うようになる。三度の飯と昼寝が比較にならない程Bossa Novaが好きな女子である。
posted by higashino at 15:02| Comment(0) | 出演者プロフィール

RIQUO、加藤崇之プロフィール

riquotanemaki.jpg

RIQUO(リコ)

シンガーソングライター。
2000年よりDTMにて歌(曲)を作り始める。
2007年よりオリジナルにジャズ、ボサノヴァなどの
スタンダード楽曲を交えたプログラムにて、
都内のライヴハウス、レストランにて(主に弾き語り)活動中。

RIQUO's NEWS⇒http://riquo.blog95.fc2.com/


katoh.jpg

加藤崇之(ジャズギター)
1955年1月31日生。高校生まではサッカー部だったが、兄が聴いていたジャズに 興味を持ちギターを始める。 大学在学中、19才でプロ入り。米軍キャンプでのディスコバン ド、ブラジル人との サンババンドの経験など幅広い活動等を経、28才の頃より自己のリーダーとしての活動を開始。
自己のグループのほか、ジョージ大塚G、鈴木 勲G、菊池 雅章G、益田 幹夫G、向井滋春「オリッサ」、高橋知己G、今村裕司G 、榎本秀一G、井上叔彦G、金井英人G、翠川敬基「緑化計画」、渋さ知らズ、ルイザン・マイアG、フランシス・シルバG、モンゴロイダーズ、CO2等で活躍、現在に至る。

1989年には、アルバム『ギターミュージック』 加藤崇之トリオ+1 加藤崇之(g),是安則克(b),藤井信雄(ds),金井英人(b)を皮切りに、
1991年、『渦』加藤崇之3 加藤崇之(g)、金井英人(b)、馬場たかもち(ds,per)、
1999年、『NEW UZU Alchemist』加藤崇之(g)、宅朱美(p) 山崎比呂志(ds,per)、金井英人(b)、
2001年、『ギタースタンダード』加藤崇之(g),井野信義(b),山崎比呂志(ds),是安則克(b),小山彰太(ds)
2003年、『SYNAPSE』加藤崇之(g)、さがゆき(Voice,Efecters,Perc)、を発表。

また、『三階節』 明田川荘之ユニット、『夢』 宅朱美+加藤崇之、『レクイエム』SHOOMY BAND、『マラム・サヤ』榎本秀一4、『SOMETHING DIFFERENCE』 渋さ知らず、『BE COOL』 渋さ知らず、『渋さ道』渋さ知らず、等のアルバムにも参加している。

現在は、「エレクトリック渦」、「SoLo」の他、宅 朱美(Vo)とのDUO「夢」、さがゆき(Vo)とのDUO「シナプス」、蜂谷真紀(Vo)とのDUO「ミクロマクロ」、松風鉱一G、宅 朱美G、今村裕司G、等で活動。
Jazz、フリーインプロビゼーション、ブラジル音楽などを現在の演奏ジャンルとしている。

イギリスにおける世界最大ロックフェスティバル‘グラストンバレー’への「渋さ知らズ」での出演やメールスジャズフェスティバルなど海外での活動も多い。

加藤崇之 Web Site⇒http://www.ne.jp/asahi/site/kato-takayuki/index.htm
posted by higashino at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出演者プロフィール