【店名・店コンセプト変更のお知らせ】

【ヒガシノリュウイチロウLIVE情報】

〇ジョアン・ジルベルト愛用でおなじみのブラジル製ギターTarregaを販売しています!

2011年08月30日

スケジュール訂正

先程気付いたのですが、9/25の阿部浩二さんのライヴ開始時間が、16時なのに20時からと告知してしまっていました。正しくは16時からです。大変申し訳ございませんが、どうぞご確認よろしくお願いします。

9月25日(日)

阿部浩二(g)

open 15:30 / start 16:00 2ステージ
charge 1500yen + 要オーダー
posted by higashino at 20:09| Comment(0) | ブログ

代永光男 with WAVEプロフィール

ジョアンジルベルトCD音源再現プロジェクト
代永光男 with 【WAVE】

yonaga.jpg

代永光男:10歳のとき叔父の影響でクラシックギターを始める。
高校時代にジョアンジルベルトを初めて聴き、ボサノヴァに魅せられる。鳩山薫氏にギターを、中村善郎氏にヴォーカル、ギター
を師事。田町のハーモニースクエアーのボサノヴァ初級ギターコースを担当。デュオユニット江戸仕草としても湘南でライブ活動中。


wave.jpg

バックバンド:インストボッサユニット【WAVE】

http://ameblo.jp/bossa-wave/

フライヤー  http://www.takizawa-nobuaki.net/bossa/111016.pdf
posted by higashino at 14:08| Comment(0) | 出演者プロフィール

秋山祐吏美(vo) GARY杉田(per.vo) 望月雄史(g)プロフィール

aIMG_7612.jpg

秋山 祐吏美<あきやま ゆりみ>

名古屋市在住。
小学生の頃から作詞・作曲が好きで、高校時代にオーストラリアに留学し、自分の好きな音楽はJAZZだと確信する。帰国後、日本福祉大学に入学。
ジャズ研究会に所属し、卒業後ライブハウス等で演奏活動を始める。
ジャズ理論をはじめ音楽全般をジャズピアニスト・納谷嘉彦氏に、呼吸・発声法を声楽家・江端智哉氏に師事。

2004年から、日本屈指のサンビスタ・ゲーリー杉田率いるサンバチーム「Unidos do Urbana(ウニドス・ド・ウルバナ)」のプシャドーラ(ボーカリスト)として数々のイベントに出演。 ブラジル音楽への想いも強まる。
eg.名古屋大須祭り、神戸祭り、福光ねつおくり祭り(富山)、下呂祭り、松坂氏郷まつり、なごやエキトピア祭りなど。浅草サンバカーニバルT部リーグ出場。2005年『愛・地球博』(愛知万博)出演。

現在、自身のリーダーバンド、Musica Marcante no Cora豪o(ムジカ マルカンチ ノ コラサオン/ゲーリー杉田per.vo、望月雄史g、小川長太郎pf、名古路一也b)をはじめ、様ざまなミュージシャンと多数共演し、活動している。

◇リーダーバンドでは、サンバやボサノヴァなどのブラジル音楽、ジャズのスタンダード
ナンバーやオリジナルナンバーをお届けしています。

http://blog.goo.ne.jp/yurimi_musica


GARY.jpg

GARY杉田

名古屋出身。
日本のサンバ創世記より25年来 東海地方を中心に日本全国のイベント・ライブハウスなどで演奏活動する傍ら作詞、作曲、DJ、プロデューサー、パーカッショニスト、ダンサー、シンガーとして当時まだ珍しかったブラジル音楽の普及に努める。
1984年2月、3月とリオデジャネイロからアマゾンまでサンバのルーツをさぐリ、ブラジルを回遊。以後15回以上渡伯。ブラジルにはまる。
帰国後、1984年ブラジル料理とサンバの店・ウルバナを開店。
同店にてブラジル人バンドと演奏しながら歌って踊れるパーカッショニストとして様々な活動や音楽スクール講師として活躍。 又、ボランティア活動にも力を注ぐ。
浅草サンバカーニバル1部リーグ出場チーム<ウニドス・ド・ウルバナ>の創始者であり、現在も同チームリーダー兼コーチ・ボーカルとして全国で活動を繰り広げている。
サンバ愛好家の間で知る人ぞ知る重鎮であり、その圧倒的な存在感と実力で確固たる地位を築く。
長年の友人であるショーロ・サンバのカバキーニョ奏者である井上みつる氏の多大な尽力のもと、2005年4月CD発売

http://www.garysugita.jp/


MG_4711.jpg


望月 雄史(もちづき たけし)ギター

名古屋市出身。幼少よりクラシック・ギターを父である望月英男に師事。
1996年より音楽活動を開始。以来さまざまなジャンルのライブ、コンサート、レコーディングに参加。広い知識と柔軟な音楽性を武器に、クラシックから、ジャズ、ポップス、シャンソン、ボサノバ、民族音楽まで、各ジャンルの伴奏者としてで精力的に活躍、共演者の絶大なる信頼を得て各方面で高く評価されている。
2003年5月、名古屋在住で内外の評価の高い作曲家である坂野嘉彦氏の、独奏ギターのための現代音楽作品を集めたCD「舞踏詩」を発表。
2006年3月、ユニット「Noche & Monte」で、「第25回浅草JAZZコンテスト」バンド部門で金賞を受賞。
2006年8月、「Noche & Monte」で、「赤煉瓦サマー・ジャズ in 舞鶴2006」一般公募オーディションで、優秀賞を受賞。

http://web.me.com/guitaristake_m_70/official_site/Welcome.html
posted by higashino at 14:01| Comment(0) | 出演者プロフィール

2011年08月27日

明日はライヴ&飛び入りライヴデイ!

明日は16時から久々登場のDOMINGOとバルキーニョ初登場naminoteのタイバンライヴです。夕方ライヴ終了後の8時からは筒井タケオさんがリーダーの「ボサノヴァ飛び入りライヴデイ」!筒井さんのライヴ1ステージのあとは飛び入りオープンマイクとなります。ボサノヴァに限らずなんでもOKですのでぜひご参加ください!

8月28日(日)

1部:DOMINGO:伊藤裕一(hca)前原孝紀(g)
2部:naminote

open 15:30 / start 16:00
charge 1500yen + 要オーダー



8月28日(日)

ボサノヴァ飛び入りライヴデイ
リーダー:筒井タケオ

open 19:30 / start 20:00
charge 1200yen + 要オーダー
posted by higashino at 10:56| Comment(0) | ブログ

2011年08月24日

ナナ・カイミ『ヘナセール』(1976)

Renascer-thumb.jpg

前々回書いた『ナナ・カイミ』(1975)に続いてリリースされたのがこのアルバム『ヘナセール』。多分僕が10年くらい前に初めて買ったナナのアルバムだったと思うのですが、当時聴きまくりましたね。前作がドゥルヴァル・フェヘイラとドリ・カイミのプロデュースで比較的軽やかなイメージだったの対し、こちらはドリ・カイミの単独プロデュースで全体的に重厚なイメージ。特にミルトン・ナシメントの曲は鬼気迫るものがあり、癒しのナナのアルバムにしては異色な感触を持った作品です。グレー基調のジャケット写真がそれを的確に表しているよう。参加ミュージシャンはピアノにジョアン・ドナート、ギターにネルソン・アンジェロ、ミルトン・ナシメント、ダニロ・カイミ、ドリ・カイミ、ベースはフェルナンド・レポラーセ、ノヴェリ、ドラムはホベルチーニョ・シルヴァ、etcと鉄壁のメンツを揃えていて、最高の70年代MPBサウンドが堪能できます。やはりかなりミナス寄りのサウンドと言えるかな。



posted by higashino at 19:10| Comment(0) | My Favorite Things

2011年08月21日

本日は『Rio meets Koizumi Kiyohito』アルバム発表ライブです。

本日は『Rio meets Koizumi Kiyohito』アルバム発表ライブがございますが、現時点でほぼ予約で満席となっております。当日ご来店いただけます場合は立ち見になってしまう可能性がございますので、なにとぞご了承下さいませ。どうぞよろしくお願いします。

8月21日(日)

『Rio meets Koizumi Kiyohito』アルバム発表ライブ
リオ(vo)小泉清人(g)

open 15:30 / start 16:002ステージ
charge 2000yen + 要オーダー
posted by higashino at 11:11| Comment(0) | ブログ

2011年08月18日

ナナ・カイミ『ナナ・カイミ』(1973)

20071130_442959.jpg

Atras_da_Porta-thumb.jpg

ナナ・カイミは1965年にエレンコ・レーベルに1stアルバム『ナナ』を録音していますが、今聴くとちょっと歌い方が硬い感じがするのは僕だけかな。やっぱりなんと言ってもナナが本領を発揮しはじめるのはこの、アルゼンチン・トローバ・レーベルに残した2ndからだと思うのです。このアルバム、ブラジルでは『アトラス・ダ・ポルタ』ってタイトルになって77年にCIDレーベルから出てるので注意が必用。ジャケも違います。CDだと『エン・ブエノス・アイレス』ってタイトルになって曲順も変わりさらにジャケがアナログと違ってたりします。ジャケが都合3つあるってことかな。Cliquemusicっていうブラジル音楽解説サイトがまた、このCDのジャケットを違うアルバムに貼り付けてたりするから更に混乱を招いていて、もう何が何だかわからなくなってます。まあ、そんなことはさておき内容はこの後に続く傑作群を先取りしたとてもしなやかな70年代MPBサウンドそのもの。ジョアン・ドナートのフェンダー・ローズ&エリス・バンドでおなじみのエリオ・デルミーロのギターが奏でるハーモニーが絶品。その上で気持ち良さそうに歌うナナの包容力満点のヴォーカルに癒されます。前アルバムから8年の間に最初の夫との離婚、ジルベルト・ジルとの恋愛・結婚・離婚、そして様々なショーやツアーを経験して肩の力が抜けたというか、深みが出たというか、何にせよ唯一無二のナナ・カイミの世界を2ndアルバムにして既に確立しているのです。脱帽。




posted by higashino at 14:11| Comment(0) | My Favorite Things

2011年08月15日

16日(火)臨時休業いたします。

前日告知で申し訳ございませんが、16日(火)臨時休業いたします。なにとぞよろしくお願いします。水曜日からのご来店心よりお待ちしております。
posted by higashino at 20:06| Comment(0) | ブログ

2011年08月13日

明日はライヴデイ!

明日は16時からコロリダスのしみずけんたくん達の小編成ライブです。ゲストも入り大いに盛り上がる予定!ライヴ終了後19時くらいより通常営業となります。どうぞよろしくお願いします!


8月14日(日)

しみずけんた(g,vo)今邑美佳(vo)ぽん(b)

open 15:30 / start 16:00 2ステージ
charge 1500yen + 要オーダー
posted by higashino at 18:37| Comment(0) | ブログ

2011年08月10日

【ハッピーアワー終了と営業時間変更のお知らせ】

8月12日(金)で一旦ハッピーアワー割引は終了させていただきます。またそれに伴いオープン時間も変更し13日(土)以降は18時オープンとさせていただきます。(日曜日はライヴデイのため不定。ライヴの無い日曜は18時オープン)なにとぞよろしくお願いします。
posted by higashino at 18:02| Comment(0) | ブログ

2011年08月06日

明日は山本のりこ&中西文彦ライヴです!

明日7日(日)は山本のりこさん&中西文彦さんによる「- Caetanear, Badenear - カエターノ&バーデンを歌う」ライヴです。カエターノとバーデン・パウエルの誕生日を祝って、二人の作品を取り上げるspecialライブ!のりこさん、中西さんファンだけでなくカエターノ&バーデンがお好きな方もぜひ!

8月7日(日)

山本のりこ(g,vo)中西文彦(g)

open 19:30 / start 20:00 2ステージ
charge 2000yen + 要オーダー
posted by higashino at 12:05| Comment(0) | ブログ

2011年08月01日

山野ミナ、プロフィール

DSC_1250s.jpg


山野ミナ

大阪芸術大学美術学科出身
声楽・ボイストレーニングを杉江 斉氏に師事。
ミュージカルなどの舞台経験を経て、2009年に
テナーサックス奏者、高見延彦氏に出会い
2010年よりジャズシンガーとして本格的に活動を開始する。

2011年2月11日WBC世界タイトルマッチ井岡一翔VSオーレドン・シッサマーチャイ(TBS中継)にて日本国国歌
『君が代』を独唱した。

http://ameblo.jp/mina-life-is-rosy/
posted by higashino at 16:47| Comment(0) | 出演者プロフィール